合宿免許で普通自動車コースであれば冬休みがおすすめ

合宿免許で普通自動車コースであれば冬休みがおすすめ

合宿免許の繁忙期は2月後半~4月初旬までの春休み期間と、7月~9月初旬までの夏休み期間です。

春休みと夏休み期間中に教習所が混雑するのは、授業の休み期間中を利用する学生が集中するためです。


冬休みも学校の授業が休みになりますが、合宿免許は春や夏のように混雑しません。
学校の授業が休みなのに、春や夏に比べて冬休み期間中の合宿免許の利用者が少ないのには理由があります。


冬休み期間中は日本中の多くの教習所で、合宿プランで二輪車コースを選択することができません。



冬休み期間中に合宿に参加しても普通二輪車コースが実施されないため、春と夏の期間中に普通二輪車コースと普通自動車コースをセットで受講する学生が集中します。

つまり、学生の方で合宿免許で普通自動車コースまたは準中型自動車コースを単独で受講する場合は、春または夏休みよりも冬休み期間を選択した方が安くてお得です。

年末年始の期間中に合宿に参加すると、一部の教習所は大晦日から1月3日ぐらいまで一斉休業日を挟む場合があります。



教習所の都合で休業日を含む場合は余分の滞在費または一時帰宅のための旅費を支給してもらえるため、費用面で不利益を被ることはありません。

冬休み期間中は春や夏よりも合宿プランの料金が低めに設定されている場合が多いのでお得です。

普通自動車または準中型自動車コースを希望する学生であれば、冬休みの期間が一番おすすめです。ちなみに普通自動車コースであれば、北国で降雪がある場合でも通常と同じように技能教習や技能検定が実施されます。



二輪車コースを利用しない場合は、冬の期間中に合宿免許に参加することを考慮すると良いでしょう。