合宿免許の料金は時期によって変わる

合宿免許は、安く免許の取得ができるということが売りになっていますが、利用する時期によってはそれほど安くならない場合もあります。


ですので、より安く利用したい場合は、安い時期を狙うということが大きなポイントになると言えるでしょう。

合宿免許では、同じ教習所の同じプランを利用する場合でも、時期によって数万円も料金が違ってくる場合があります。



料金が高くなってしまう時期は、学生が夏休みや春休みといった長期休暇に入る時期であり、具体的には7月~9月までや、1月~3月までという時期がそれにあたります。

この時期は、高校生や大学生などが長期休暇を利用して合宿免許に参加するというケースが多く、需要が高くなってしまうため、料金設定もそれに伴って高くなってしまうという傾向があると言えるでしょう。



一方で、料金が安くなる時期は、学生が長期休暇に入る時期以外のオフシーズンということになります。

具体的には、4月~6月までや、9月~11月までという時期がそれにあたると言えるでしょう。



ですので、学生以外の方(社会人やフリーター、主婦など)は、学生の夏休みや春休みの時期を避けて、オフシーズンを狙って教習に参加すると、より安く利用することが可能です。また、あえて需要の高い時期に利用する場合は、人気のある教習所はすぐに予約で埋まってしまうため、早い時期に予約をするようにしたほうがよいでしょう。


予約が遅くなってしまうと、人気のない教習所で妥協しなければならなくなってしまうこともあるため、早めの行動がポイントになると言えます。