一般家庭でも安心して保管できるGC-Sについて

一般家庭のキッチンやリビングでは、油汚れや手垢などによるタンパク質汚れが生じることがあります。軽い油汚れやタンパク質汚れならば、重曹を水に溶かしスプレーボトルに入れて吹きかければ簡単に落とすことができます。重曹は食塩水や二酸化炭素など安全な材料で作られており、料理のふくらし粉やお風呂の入浴剤などにも使われています。水に溶かすと弱アルカリ性の洗浄液になり、油汚れやタンパク質汚れを落とすのに効果を発揮します。

弱アルカリ性の重曹水は安全なので一般家庭でも気軽に保管できますが、洗浄力があまり強くないため厚く堆積した油汚れやタンパク質汚れには対応できません。アルカリ性の洗浄液は液性が強くなるほど洗浄力と危険性が増します。業務用に使われることの多い水酸化ナトリウムは強アルカリ性の劇物で、強力な洗浄力を備えていますが危険なので慎重に扱わなければなりません。水酸化ナトリウムは薬局でも購入できるものの、一般家庭で安全に保管するのは困難です。

GC-Sは強アルカリ性の洗浄液で優れた洗浄力を備えながら、安全性も優れていて劇物や毒物には該当しません。素手で触れても怪我することはなく、環境にも優しいというメリットがります。GC-Sにはヤシ油由来の成分が含まれていて、水中の微生物によって速やかに分解される設計になっています。工業用グリスや固着した食用油などを素早く分解・剥離させることができますが、安全性は石鹸水とほとんど同じです。

一般家庭でも安心して保管できる強アルカリ性の洗浄液が必要ならば、GC-Sを選ぶとよいでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です