環境汚染を気にせず使えるアルカリ洗浄液のGC-S

一般家庭で生じる軽い油汚れやタンパク質汚れであれば、弱アルカリ性の重曹水でも十分に対応可能です。重曹は炭酸水素ナトリウムとも呼ばれており、食塩水や二酸化炭素などを原料として作られています。天然由来の成分で作られているので、人体や環境への影響がほとんどありません。加熱すると二酸化炭素や水に分解される性質があり、入浴剤やふくらし粉などにも使われています。

油汚れやタンパク質汚れを落とす場合には、純度が低くてきめの粗い掃除用や工業用と記載されているものを使用します。弱アルカリ性の重曹は安全性が高く日常生活の様々な場所で使われており、環境を汚染する心配も不要です。重曹水は便利なアルカリ性の洗浄液ですが、洗浄力が弱いため厚く堆積した汚れには対応できません。環境汚染を気にすることなく厚く堆積した油汚れやタンパク質汚れを落としたいのであれば、GC-Sを使うとよいでしょう。

この洗浄液は強アルカリ性なので非常に優れた洗浄力を備えていますが、劇物や毒物には該当せず人体や環境に優しいというメリットがあります。洗浄力と安全性を両立した万能タイプの洗浄液なので、一般家庭から工場まで様々な場所で使うことができます。GC-Sは生分解性を備えているため、外部に排出されると水中の微生物によって素早く分解されます。一般的なアルカリ性の洗浄液とは異なりアルミニウムを腐食させないので、アルミ製熱交換器などの洗浄にも使用できます。

GC-Sは弱アルカリ性の重曹水と変わらない安全性を備えながら、非常に強力なパフォーマンスを発揮する強アルカリ性の洗浄液です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です