洗浄力と安全性に優れたGC-S

GC-Sとはエアコンのアルミフィンや工業用の潤滑油、熱交換器などの洗浄に使うアルカリ性の油対策用洗浄液で、高い洗浄力と安全性を両立しているのが特徴です。通常は洗浄力の強いアルカリ性の洗浄液は、アルミニウムを腐食させるほどの危険性があり劇物に指定されていますが、GC-Sは腐食性が低いため熱交換機の洗浄に使用する工場から、一般家庭まで様々な場所で使われています。工業用の潤滑油など製造の現場で必要でありながら汚れが分解しにくいものでも、GC-Sなら分解と剥離ができ特に金属への腐食性が低いことを活かして、アルミニウム製の熱交換器の洗浄が得意です。従来は人体や環境への配慮から中性洗剤が好まれてきましたが、工業油や植物油などの固着した汚れや、工業用の潤滑油といった剥離しにくい汚れには、どうしても強アルカリ性洗浄液が使われてきました。

しかし皮膚に付くと火傷をするほどの劇薬であることや中和液が必要以上なこと、環境に悪いことなどからGC-Sが開発され、現在では多くの工場や飲食店で利用されています。石鹸水と同様に素手で触っても影響がないことから、児童のいる家庭でもキッチンの油汚れなどに安心して使える強アルカリ性洗浄液です。エアコンの油汚れなどにも使えることから需要が年々高まっており、自然界において微生物によって分解されるため、環境に優しい低分子化合物に分解される生分解性なこともあいまって注目されています。GC-Sのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です