合宿免許のメリット・デメリット

ホテルや旅館などの宿泊施設に泊まりながら、ある期間に集中して教習を受け、免許取得を目指す合宿免許。
教習所に通いながら取得するのに比べて、メリットもデメリットもありますが、同じ目的に向かっている教習生同士、楽しみながら免許を取ることができるでしょう。

合宿免許は大抵、教習料金と宿泊費や食費がセットになっています。



宿泊施設はホテルや旅館、また教習所の寮などの場合もあります。どのケースでも、教習所に通うための交通費がかからないこともあり、通学しながら取得するのに比べて費用が安くすみます。
また、参加者の年齢に上限があることも多いことから、免許取得をめざすのは男女とも若い世代。

同じような年齢同士、仲良くなりやすいのも良いところでしょう。学校以外の友達を作れるメリットがあります。

合宿免許は短期集中のため、限られた時間で勉強をしっかりしなくてはならないものですが、友達同士、一緒に勉強すればモチベーションも保てるでしょう。
一方、合宿免許は長期のまとまった休みを取れる人でないと参加しにくいもの。

夏休みや春休み、冬休みなどがある学生であれば、旅行を兼ねて参加できます。

とくに観光地にある教習所の場合、全国から教習を受けに来る人が集まります。

合宿免許についての基礎知識と魅力をご説明しているサイトです。

ちょっとした旅行気分を味わいながら運転免許を取得することも可能。また人気のある教習所には予約が殺到することも。

計画的に早めに申し込むつもりでいないと予約を取るのが難しくなってしまいます。

今までに培ったノウハウを活かし、合宿免許情報をお探しですか。

早めにチェックしておくことが肝心です。